皆さん、お元気ですか?
リーガエスパニョーラが開幕しました。オリンピックが終わってほとんど時間なく、海外の24歳以下のタレントたちは舞い戻り、ピッチを駆け巡りました。誰も時には勝てないため、いつかメッシ選手がバルセロナを去ることがあるとは覚悟していましたが、あまりに突然で予想外の退団は空しさだけを残しました。第一節、勝利は獲得したもののバルセロナの試合はつまらなかった。雑なサッカーで普通の強いチームになっていました。フランスのリーガ・アンに鞍替えしようかとも悩んでおります。

新型コロナと豪雨のおかげで、散々なお盆休みとなりました。デルタ株の出現で、新型コロナ・パンデミックはより厳しい第二段階に入りました。感染者数がピークアウトしない第5波によって我が国では医療逼迫が危機的状況となり、さらに恐れていた新型コロナの治療薬のバリュー・チェーンもとうとう破綻し始めました。このままでは治療薬が手に入らず、患者が救えない可能性も出てきたのです。ワクチンだけでなく、治療用抗体をも海外に依存している我が国の政府は砂上の楼閣を頼りにしているのです。なんとしても、ワクチン、そして抗体医薬の国産化を図らなくてはなりません。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
松山選手のゴルフ・マスターズ優勝の余韻は我が国を揺るがせています。
しかし、1年間しか優勝者の証であるグリーン・ジャケットは着用することができず、返還すると伺い、ちょっとびっくりしています。こうなれば、松山選手には連続優勝に是非とも挑戦していただきたいと願っています。3回優勝すれば、グリーン・ジャケットは交渉次第では確保し、我が国の松山選手のホームコースに飾れるのではないでしょうか?大きな挑戦です。

新型コロナ・パンデミックの第4波で大阪など関西圏は医療崩壊に瀕しています。東京も感染者が1000人に迫っており、ゴールデン・ウィーク前には冗談ではなく、緊急事態宣言を真剣に検討せざるを得ない事態です。かつてスペイン風邪の流行の時は3年間流行が収まりませんでした。mRNAワクチンのおかげで先進諸国は来年には流行を抑制できる可能性がありますが、ウイルスの変異速度次第です。暫くは憂鬱な状況が続きます。しかし、被害にあわれた方には気に障る表現になって誠に申し訳ありませんが、新型コロナ・パンデミックは悪いことだけではありません。mRNAワクチンという技術革新を実現しただけでなく、今ヒトの免疫のメカニズムの理解とそれにたいする新しい治療薬・ワクチンの開発が急速にドライブされているためです。今週、米国国立衛生研究所(NIH)はそれを象徴する新薬の治験に着手しました。ポスト・コロナの時代には、次世代の癌免疫療法、敗血症なども含めた感染症の治療薬、ワクチン、そして多分、アナフィラキシーや自己免疫疾患などの新薬開発が進むはずです。逆にこの災いを福となす努力こそが、私達の未来を明るくするのです。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから