皆さん、お元気ですか?

●宮田満のLINK-J 一押イベント 2月15日12時から13時@オンライン
締め切り迫る、バイオ・ベンチャーのキーマンを及びして、激論いたします。
Miyaman’s Venture Talk vol.7『宮田 満 氏と小林茂氏で次世代抗体を縦横無尽に語る。』
今回は2抗原特異抗体や3抗原特異抗体を開発する次世代抗体企業に変貌しつつあるカイオムの小林社長をお招きします。
https://www.link-j.org/event/post-7313.html

●宮田 満のバイオ・アメイジング~ 2月19日15時から16時@オンライン
緊急対談:バイオのあの話題はこれからどうなる?!
「低強度運動と食で実現する “脳フィットネス" 」
そろそろ皆さんも脳を鍛えないと他人に迷惑を掛けるかも。必見です。
下記より申し込み願います
https://www.jba.or.jp/event/post_127/

昨日、協和キリンの2023年12月期の決算説明会がありました。前年比439億円増の売り上げ4422憶円、当期利益は276億円増の812億円と空前の好業績でした。実は国内販売は薬価引き下げの影響を受けて、17億円の減収だったのですが、海外売り上げ増がそれを補ったのです。抗FGF23抗体「クリスビータ」が1525億円と好調でした。前年比243億円の売り上げ増は、同社の昨年の増収の実に88%を占めています。クリスビータはXLH(X染色体連鎖性低リン血症性くる病・骨軟化症)という2万人に1人発症する希少疾患の医薬品です。同社は希少疾患治療薬を更に拡充するため、英国Orchard Therapeutics社を2024年1月24日に3億8760万ドル(約 574 億円)を買収を完了しました。宮本昌志社長やChief Medical Officerの山下武美専務にその真意を問うと、誠に腹落ちする理由が明かされました。本日は同社の真意を探ります。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?

お陰様で大手製薬企業、ベンチャー、投資関係者55社のご参加をいただき、第5期バイオインベストメントギルド(BIG、バイオ目利き人材養成プログラム)を本日開催いたします。また60名以上の志のある若手とバイオの未来を造るために、心ワクワク一歩踏み出します。多数のご応募ありがとうございました。来年も第6期を7月から開始しますので、是非とも皆さん予算化願います。
https://miyata-inst.jp/big/

●宮田満のバイオ・アメージング 2023年7月28日(金)15:00~16:00(無料)
何事にもポジティブ、この辛い世の中を生き抜くためには必要な能力です。では前向きの心とはなんなのか?最新の脳研究で解明します。「逆境を自発的に生きるための前向きサポート脳科学」を山田真希子氏((国研)量子科学技術研究開発機構 量子生命科学研究所、量子医科学研究所 脳機能イメージング研究部 グループリーダー)を迎えて議論します。
どうしよう、と迷っているあなたこそ、下記のリンクよりご登録願います。
https://www.jba.or.jp/event/post_98/

●Miyaman’s Recommendation on the event of LINK-J
2023年7月21日14時半~
「合成生物学の時代は来るか?」近畿バイオ夏企画恒例の「会場参加型トークセミナー」
リアル@大阪ライフサイエンスハブウエスト/バーチャルのハイブリッド開催
私も参加しますというか、講演をいたします。今回のトークのお相手は神戸大学近藤昭彦副学長。一体どこまで、どんな順番で合成生物学は市場に浸透するのか?そして技術突破の鍵となる技術は何なのか?皆さんと一緒に白熱の議論をいたします。是非ご参加下さい
https://www.link-j.org/member_event/postN-6312.html

わが国の自然言語処理によるAIのベンチャー企業、FRONTEOが2023年7月12日、自然言語処理と独自のアルゴリズムによって創薬標的候補を提供するサービス「Drug Discovery AI Factory」(DDAF)を発表しました。急速に発展を遂げるAI創薬の世界でFRONTEOの成功を占ってみました。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
世界的な新型コロナ流行の第4波を見ると、ワクチンが間に合いそうにない我が国で東京オリンピックを開催するにしても、サッカーと水泳だけで良いのではないかと真面目に思っています。池江璃花子選手の二枚目のオリンピックの切符を争うオリンピック予選会をかけた全日本水泳選手権が後1時間で始まります。皆さんのところにメールが届いたころには結果が出ているはずです。しかし、応援するのもご迷惑をかけるのではと、罪悪感を持ってしまいます。彼女にはただただ、自分自身の楽しみのためだけに泳いで欲しい。生きているだけで、停滞する日本に喝を入れる本当に不思議な力をお持ちです。下記の動画は必見です。まだ、見ていない方もまた見た方も是非、またご覧願います。
https://www.youtube.com/watch?v=Gihhz7AMghc

新型コロナウイルスの流行第4波に対して、東京など首都圏にもまん延防止等重点措置の発令が準備され始めました。これに対抗するには、行動自粛と早期のワクチン接種しかありませんが、暫くは行政のもたもたでイライラしそうです。それもこれも国産ワクチンの開発が遅れているためです。現在その取材を進めております。来週、国産ワクチンの謎を解明したいと思っております。が今回は、協和キリンの次のブロックバスター候補のニュースが飛び込んできたので、それを解析したいと思います。抗体医薬やADC(抗体薬剤複合体)による細胞手術という新しい治療概念がが、今や定着したのです。特定の細胞を補う再生医療と両輪となって医療に革命をもたらすと確信しています。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから