皆さん、お元気ですか?

2年前の6月、我が国の癌ゲノム医療が本格的に離陸しました。「OncoGuide NCCオンコパネル システム」(シスメックス)と「FoundationOne CDx」(中外製薬)の2種類の癌遺伝子パネル検査が保険収載(技術料56万円)され、我が国の癌患者さんの癌組織に存在する遺伝子の変異プロファイルに応じて、最適な抗がん剤などの処方が選択できる時代となったと喧伝(私も)しました。ではこれだけ国民の期待を高めた我が国の癌ゲノム医療の成績はどうだったのか?2年後のデータを確認すると、期待とは大きく外れた姿が見えてきたのです。我が国が先端医療の技術革新を咀嚼し、国民の幸福につなげるためのインフラの欠陥が露わになったのです。また、ため息です。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
東京パラリンピックが始まりました。身体の不具合を補う装具の革命的な発達によって、ものすごい記録が打ち立てれています。特に注目しているのは陸上の走り幅跳びであり、パラリンピック記録のほうが、オリンピック記録を上回ることを期待しています。まだまだ先でしょうが、理想的な姿はオリンピックとパラリンピックの垣根を取り払うことです。新素材や加工技術など様々なイノベーションがそれを可能にするでしょう。ただ、悩ましいのは電子制御によるサイボーグ化をどこまで許容するのか、その是非と線引きに逡巡せざるを得ないことです。

とうとう新型コロナ抗体医薬の国産化に乗り出す企業が現れました。札幌市のベンチャー企業イーベックです。同社は回復者の血液から独自の抗体クローン化技術によって、高機能の抗体医薬の開発に成功しました。1種類の抗体でデルタ変異株など幅広い変異株を中和することができます。現在、国内の病院や医療機関と連携し、回復者や医療従事者から同意を得て血液を収集、迅速に抗体医薬を開発するシステムも構築しました。今後、新型コロナがどんなに変異しても、また流行終息後に新たな感染の脅威が生じても、抗体医薬を迅速・適格に開発できる日本の免疫の盾を創り上げたのです。
前回のメールで報じた発症予防と軽症者の治療を可能とする経口治療薬とワクチンの開発を合わせて、新型コロナを退治する三本の国産の矢が姿をやっと現しました。しかし現在、新型コロナ関連資材のバリューチェーンは逼迫しており、我が国の国民を護るためには、原料や生産資材の国産化と確保も不可避となっています。経産省と厚労省の連携と奮闘も必要なのです。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
リーガエスパニョーラが開幕しました。オリンピックが終わってほとんど時間なく、海外の24歳以下のタレントたちは舞い戻り、ピッチを駆け巡りました。誰も時には勝てないため、いつかメッシ選手がバルセロナを去ることがあるとは覚悟していましたが、あまりに突然で予想外の退団は空しさだけを残しました。第一節、勝利は獲得したもののバルセロナの試合はつまらなかった。雑なサッカーで普通の強いチームになっていました。フランスのリーガ・アンに鞍替えしようかとも悩んでおります。

新型コロナと豪雨のおかげで、散々なお盆休みとなりました。デルタ株の出現で、新型コロナ・パンデミックはより厳しい第二段階に入りました。感染者数がピークアウトしない第5波によって我が国では医療逼迫が危機的状況となり、さらに恐れていた新型コロナの治療薬のバリュー・チェーンもとうとう破綻し始めました。このままでは治療薬が手に入らず、患者が救えない可能性も出てきたのです。ワクチンだけでなく、治療用抗体をも海外に依存している我が国の政府は砂上の楼閣を頼りにしているのです。なんとしても、ワクチン、そして抗体医薬の国産化を図らなくてはなりません。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
今晩、決戦があります。東京オリンピック2020のサッカー準決勝の日本VSスペイン戦です。この試合に勝利すれば、メキシコ・オリンピック以来のメダルも夢ではありませんが、リーガ・エスパニョーラを抱えるスペインは手ごわい相手です。ニュージーランド戦では決定力不足という欠陥がぶり返してきましたが、何とか今晩、若き才能たちがスペインの壁を打破して欲しいと心から願っています。チャンスはあります。今晩仕事は到底手につかない。皆さんも応援下さい。

中外製薬が血液中に漏出した癌由来のDNAを対象とする癌遺伝子パネル検査「FoundationOne Liquid CDx がんゲノムプロファイル」を2021年8月1日に発売しました。我が国初のリキッド・バイオプシー癌遺伝子パネル検査の実用化です。これで我が国でも患者に負担の少ないリキッド・バイオプシーによって最も適切な癌治療が選択できると、更に今まで保険診療では1回しか許されていなかったリキッド・バイオプシーが2回もようやく認められ、臨床上されに使いやすくなったと大喜びしたのですが、これは大いなる誤解でした。相変わらず財務省に首根っこを押さえられている厚労省はまるで一休の頓智話のような文章表現で、患者一人に対してリキッド・バイオプシーは1回という原則を墨守していたのです。技術革新もここまで制約されては、真価を発揮することは難しい。まったくため息ばかりです。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
今日は梅雨の晴れ間。ゲノム編集トマトが急速に伸びてきたので、吸引という畑仕事で汗をかきました。筑波大学が開発、サナテックシードが商業化したゲノム編集トマトです。ゲノム編集によって神経伝達物質のGABAの含有量を増量しています。農学部付属高校出身ですから、農業の大変さは知っていたつもりですが、たった4株のトマトのお世話をするのにも息を切らしております。農民の方々には尊敬しかありません。ゲノム編集農産物の社会受容の鍵を握るサナテックシードの社長のインタビューを近く掲載する予定です。彼の発想は、組換え農産物の社会受容が難渋した我が国の沈滞を打破すると期待しています。既に5000人、協和キリンの元社長の松田さんもゲノム編集トマトを栽培しています。この俄か農民の口コミと生産物であるGABAトマトへの愛情が、なんでも反対派の感情的な議論を終息させるのではないでしょうか?

新型コロナの非常事態宣言下にも関わらず、中外製薬は自社開発した抗CD137抗体(STA551)と抗PD-L1抗体「テセントリク」(アテリゾズマブ)を併用したファースト・イン・マン試験に2021年4月上旬に着手しました。抗CD137抗体で先行する米Pfizer社を逆転する秘策こそ、STA551でした。この抗体は中外世代の第三世代抗体誘導体であるスウィッチ抗体技術によって開発されたもの。その開発の契機は、癌治療に第4の柱である癌免疫療法を切り開いた抗CTLA-4抗体「ヤーボイ」(イピリムマブ)でした。きっと壮絶に楽しいお話があると推察して、開発の当事者にインタビューしました。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
残り2試合となったリーガ・エスパニョーラは素晴らしい試合続きでした。おかげで睡眠不足です。途中出場したヘタフェの久保建英選手は相手のミスパスを奪取してドリブル、そのままゴールネットに叩き込みました。この今期初のゴールでヘタフェは1部残留を決め、久保選手は英雄となりました。優勝争いはレアル・マドリードとアトレチコ・マドリードが共に勝利を収め、来週の最終節まで優勝決定が持ち込まれました。鮮やかな逆転勝利を決めたアトレチコのスアレス選手のゴールは、今シーズンのリーガ・ベスト・ゴールとして記録されるかも知れません。逆転で勢いを増したアトレチコが最終戦に勝利する可能性濃厚となってまいりました。

2021年4月に58歳の若さで中外製薬の代表取締役社長最高経営責任者(CEO)に就任した奥田修氏と先週、メディア懇談会で取材することができました。我が国のバイオ産業をリードする中外製薬は一体何をしようとしているのか?読者の皆さんと逸早く共有いたします。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?

取材対象の名前とファージ・ライブラリーの数(40万個⇒400億個)を修正いたしましたので、改めてアップいたします。お手数ですがご一読願います。

この動画を見ると、涙がぽろぽろ零れます。
https://www.youtube.com/watch?v=Gihhz7AMghc
でも、この涙は同情や哀れみ、悲しみの涙ではありません。まして、薄っぺらな賞賛や安堵の涙でもありません。何回も見て、何回も涙が零れて、体得したのは、この涙は池江璃花子選手の生命力に、私の命が共鳴して、身体の底から湧き上がってくる喜悦の涙だということでした。生きていることこそが尊い、という感動です。
白血病に倒れ、抗がん剤治療と多分骨髄移植で寛解した後も、体重が15kgも減り、東京オリンピックを諦め、次のパリ・オリンピックを目標に、零からもう一度こつこつと努力を続けてきた池江璃花子選手の労苦が4年早く稔ったことは、皆さんもご存知の通りです。この動画の素晴らしさは、苦しいリハビリやトレーニングは、他人の期待に応えるためではなく「自分は水泳が好きだから」と宣言していることです。余計な第三者や協会などの期待に忖度せず、池江璃花子選手がこれからもセンター・レーンで、好きな泳ぎをただただ堪能するだけを願っています。最後にこの動画をスポンサーした米Procter & Gamble社の懐の深さに感謝します。SKⅡというブランド名を遠慮がちに示しただけという姿勢に、賢さと愛を感じました。

日経BP社の突然の休刊の判断を受けて、バタバタとサイトを構築、皆さんになんとか継続してコラムを提供して参りました。その新Mmの憂鬱も今回で50回目のコラムとなりました。バイオや先端医療のキーマンやリーディング企業の皆さんのご購読をいただき、順調に成長しつつあります。まずは皆さんに、心からの御礼を申し上げます。そのお礼という訳ではありませんが、巻末のスポーツ解説では、池江璃花子選手の東京オリンピック代表選出までの道のりを美しく描いた動画のリンクを示してありますので、是非、ご覧願います。

さて、バイオです。我が国の製薬企業はDx(デジタルコンバージョン)に熱に浮かされたように取り組んだり、宣伝したりしておりますが、その内容は流通・生産・販促のデジタル化に留まっています。製薬企業の心臓である新薬創製にAI(人工知能)を活用した成功例は、昨年1月に大日本住友製薬が英Exscientia社と共同で、ヒット化合物から治験(FIM)までわずか12か月で実現したことしか知りませんでした。しかし、とうとう中外製薬の研究チームがAI(機械学習)を応用、国産の高親和性の抗体創薬に成功いたしました。取材して気が付きましたが、AI創薬の勝者は先行して抗体などの新しいモダリティの経験とデータを蓄積した企業です。AIで新薬開発の遅れを取り戻そうと考えている読者がいたら、その考えは大いなる錯誤です。AIは強い企業をより強くする非情な技術でした。AIは我が国の製薬企業の再編成のエンジンとなるかも知れません。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから