皆さん、お元気ですか?
全仏オープン・テニス大会が終幕しました。前回のメールでナダル選手優勝必至と予測いたしましたが、世の中まったく予想通りには参りません。準決勝でなんとジョコビッチ選手が3:1でナダル選手後撃破、決勝では2セット、新鋭のチチパス選手に先取されましたが、フルセットの結果、大逆転で優勝をもぎ取りました。優勝トロフィーの授与式の挨拶で「やるべきことはすべてやった」とぼそっと話したチチパス選手の憮然とした表情が全てを物語っていました。ジョコビッチ選手の強さは異次元でした。最初の2セットでチチパス選手の戦略と戦術、心理と身体のコンディションまで解析し終わったジョコビッチ選手の反撃はまったく見事。回り込んだ逆クロスのフォアハンド・ストロークを封じ、チチパス選手は自滅に追い込まれました。きっと心の底から恐怖を味わったはずです。テニスはまったく残酷なスポーツですね。私が弱い理由も納得です。隣人同士が殺戮する戦乱続いたセルビアから這い上がって来たジョコビッチ選手の強靭な精神の足下にも及びません。

癌の分子標的薬のターゲットとして発見から40年、阻害剤開発が試みられてきたKRAS阻害剤がとうとう認可されました。米Amgen社が開発した「LUMAKRAS」(ソトラシブ)が2021年5月28日に米国で抗がん剤として迅速承認を獲得したのです。今回はaducanumabとは異なり臨床上の有用性(抗癌作用)が明確に治験フェーズ2(CodeBreaK 100試験)のデータで示されています。2001年5月にイマチニブが米国で承認されて始まった癌分子標的薬の第2幕が上がりました。今まで、新薬開発が困難であった癌遺伝子群に対する阻害剤の開発にも拍車がかかりました。2021年4月28日にはアムジェンが我が国にも製造承認申請をしたばかりです。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?

日東電工がスポンサーしている男子プロテニスの今年最後を飾るトーナメント、NITTO ATP FINALが終了しました。これから全豪オープンまでテニスはオフシーズンを迎えます。この間に、今まで不動の地位を占めていたフェデラー選手、ナダル選手、ジョコビッチ選手のビッグ・スリーの牙城が脆くも崩れる可能性が出てきました。実際、FINALの決勝戦は、ロシアのメドベージェフ選手とオーストリアのティエム選手で争われ、メドベージェフ選手が優勝しました。世界ランク第4位である同選手は欠場したフェデラーを除き、ジョコビッチ選手、ナダル選手、そしてティエム選手と世界ランクトップ3を打倒して栄冠を得たのです。2021年の新シーズンでは、いよいよ男子プロテニスにも世代交代が実現する可能性が濃厚となって参りました。残念ながら我が国の錦織選手はビッグスリーと若手に挟まれた世代であり、新たな道を模索する必要があると考えています。

皆さん、会員登録はお早めに!
11月までに有料会員登録した方に限定して、1か月無料購読をもれなくサービスいたします。これはお知らせメールに事前登録いただいた皆さんに限定の特典です。現在、会員登録した35人の方が、まだクレジットカードの登録をいただいていないため、全文を読むことができません。お手数ですが会員登録後、記事全文を読むリンクをクリック願います。また、該当すると思われる読者は是非下記の良くある質問をお読み願います。新Mmの憂鬱サイトにもQ&Aを掲載しました。「日経IDや日経BPのパスワードで読めない?」など迷子になっている皆さん、どうぞ下記より会員登録いただき、最新コラムをご堪能願います。

◎関連サイト
会員申し込み
Q&A(よくあるご質問)

本来ならば、今、那覇に滞在しているはずでしたが、流行第3波のため、自宅に禁足状態です。皆さんの会社でも、会食や出張の制限が再びかかったと聞こえてきます。第3波を抑止できないと、来年の春まで流行がだらだらと遷延する可能性があり、医療崩壊に加えて経済崩壊も招きかねません。皆さん、ここは我慢です。さて、今週は今や癌治療の第4の柱となった癌免疫療法、中でもその市場を切り開いた抗PD-1抗体、「オプジーボ」(小野薬品・米国Bristol-Myers Squibb;BMS社)と「キイトルーダ」(Merck社・MSD社)の世界市場での売り上げ(英Evaluate社予測)は、2024年にそれぞれ113億ドルと170億ドルは合計3兆円に迫る巨大ブロックバスターへと成長しつつあります。最近の適応拡大や併用療法の症例などを検討した結果、どうやら2つの抗体医薬が認識するPD-1抗原のエピトープ(抗体の結合部位)が違うのではないか?という疑いを抱くようになりました。これを究明することで、次世代の抗PD-1抗体のデザインや抗体医薬自体の特許化戦略に大きな違いが出ると考えています。時代は抗原からエピトープの違いによる精密な抗体医薬のデザインに向かわざるを得ないのです。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから