皆さん、お元気ですか?
サッカーのイニエスタ選手はバルセロナの至宝でしたが、昨日から我が国の神戸の至宝にもなりました。同選手は年俸32億5000万円といわれる報酬を12億円減額しても、ヴィッセル神戸と2023年末までの2年契約を結ぶことを発表しました。誠にありがたい。この天才ミッドフィルダーからまだまだ日本の選手が実際の試合を通して学ぶことができます。年俸の減額は新型コロナで経営が苦しいヴィッセル神戸への配慮です。しかし、もう彼は億万長者ですから「神戸でキャリアを終えたい」」とまで言わせたのは、弱小チームだったヴィッセル神戸を成長させ、アジア・チャンピョン・リーグで優勝寸前のベスト4まで進めた実績を基に、次の2年間でアジア王者にまで育て上げるという意欲でした。「前進を止めた人は既に老いた老人に他ならない」。イニエスタ選手から学ぶことは本当に多いのです。ご注目願います。

緊急事態宣言が延長されました。最大の問題は大阪府などで起こっている医療崩壊です。これを防ぐためには、言うまでもなく地域の医療機関の連携とそれに対する資金的・人的支援が必要です。しかし、もっと根本的な問題解決は、中等症の新型コロナ患者を治療して、重症患者数を抑制すること。その切り札こそが新型コロナウイルスの中和抗体です。米国では既に3種の中和抗体カクテル製剤が、今年3月までに米国食品医薬品局(FDA)から緊急使用を認められています。TV・新聞などのマスメディアではワクチン接種ばかりが喧伝されていますが、米国政府がワクチンと抗体医薬の2正面作戦を取り、我が国より二桁も感染者数が多いカオスから科学的に新型コロナを着実に制圧しつつあることをもっと認識すべきです。おっとり刀で我が国の政府は中外製薬(スイスRocheグループ)から抗体カクテル製剤を調達する契約を結んだことを、2021年5月10日に発表しました。それはある意味で前進ですが、国民は再び落胆せざるを得ません。舶来のワクチンと抗体に国民の命をゆだねるしかない、この惨状に目を覆わざるを得ません。20世紀後半に生活習慣病の低分子薬で世界を席巻した我が国の製薬企業は、新型コロナ・パンデミックでは何故こんなにも無力なのでしょうか?

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
錦織選手、まことに惜しい敗戦でした。全仏オープンテニスの前哨戦であるATP1000マドリード・オープンの男子シングルス2回戦で世界ランキング6位のアレクサンダー・ズブレフ選手にストレートで敗れました。しかし、試合を見る限り互角のストロークの打ち合いでした。勝敗を分けたのはファースト・サーブの威力と確率の差だったと思います。全仏オープンにも優勝は無理でしょうが、健闘は期待できると思います。応援いたしましょう。

まずは、本日、中外製薬と理研、東大医科研のグループが発表した論文を紹介します。自己免疫疾患の患者の血球のトランスクリプトームとその患者のGWAS(全染色体上の1塩基置換)のデータを組み合わせたカタログを作成しました。現在のところ世界最大のデータです。これによって、自己免疫疾患を生じる遺伝的は背景とフェノタイプ(自己免疫)のパスウェイを明確に記述することができると考えています。とにかく労作です。今後、ゲノム変異プロファイルに加えて、免疫のプロファイルを合わせて患者や個人の疾病感受性を判断する個の医療ver.2.0が始まることを示唆したと考えています。現在、取材を申し入れていますので、続報をご期待願います。個の医療の進化は止まりません。詳しくは下方のリンクをご参照願います。
しかし、なんと米国食品医薬品局(FDA)はこれを上回るガイダンスを出してきました。それをよく読むとたった一人とか二人の患者の希少疾患を対象としたアンチセンス核酸医薬の開発を本気で目指していたのです。とうとう私達は究極の個の医療の実現を目撃できる時代に突入したのかも知れません。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
アトレチコ・マドリードがバスクの雄、アスレチック・ビルバオに1:2に敗れたため、1試合少ないバルセロナに2点差まで迫られ、事実上の首位陥落です。前号のメールで嘆いたことが現実になってきてしまいました。シメオネ監督がバラバラになったチームをもう一度一つにまとめないと、今シーズン3位に終わる可能性すら出てきました。

2021年4月27日、アステラス製薬は、連鎖性ミオチュブラーミオパチー*(XLMTM)の遺伝子治療薬(AAV8ベクター)AT132の臨床開発の遅れを理由に、588億円の減損処理を発表しました。2020年10月の予想には含まれない特別損失が発生、2021年3月期の決算にダメージを与えました。同時に昨年12月に開発を中止した免疫チェックポイント阻害薬ASP8374(抗TIGIT抗体)に関しても、302億円の特別損失を計上、相次いだ開発中止によってのれん代(企業の買収価格と時価純資産の差)の負担が大きくのしかかった格好です。アステラスはAT132の開発企業、米Audentes Therapeutics社を2019年12月に3300憶円で、ASP8374を開発した米Potenza Therapeutics社を2018年12月に188億円で、それぞれ買収していました。オープン・イノベーションの掛け声によって国内外の企業が、バイオベンチャーの買収に走っていますが、パイプラインの確保だけを狙った買収が、製薬企業に研究開発費以上の大きなリスクを孕ませることが露わになったのです。そして、このリスクはビッグデータに基づくAI創薬の時代になると、更に膨らむであろうと懸念しています。皆さん、オープン・イノベーションを見直す時が来たのです。

*ミオチュブラーミオパチー:生直後あるいは乳児期より、顔面を含む全身筋緊張低下を主症状とする遺伝性筋疾患。
【参照】
ミオチュブラーミオパチー 概要 – 小児慢性特定疾病情報センター (shouman.jp)

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
錦織選手、復活の手ごたえを得たはずです。バルセロナ・オープンの3回戦で世界ランク3位のナダル選手とセットカウント2:1で敗退しました。1セット目は0:6と1ゲームも取れぬ惨状でしたが、2セント目は2つのタイブレイクを制し、6:2で奪取、残念ながら第3セットは6:2で失い敗戦。しかし、レッド・クレイの王者、ナダル選手に1セットを獲得したことは自信につながりました。ちょっと心配なのは、完璧な時の錦織は最終セット奪取率が世界最高であったほど粘り強かったのですが、まだその粘りが復活していないことです。治療で遠ざかったため、体力と試合勘をまだ取り戻していないのか、それとも天才とは言え、時には逆らえないのか?今年はドキドキしながら試合を見ることになります。

新型コロナウイルス・パンデミックの第4波に対する東京都と関西圏の緊急事態宣言が2021年4月25日にも発令されることが決まりました。ここまで地球上の感染者数が増加すれば、変異ウイルスの出現頻度は増加します。加えて、オリンピックや近隣諸国、そして経済界に遠慮した我が国のルーズな国境措置によって、国内外で出現した変異ウイルスは我が国に必ず押し寄せてきます。今朝も2重変異を持つインド型の変異ウイルスが都内で発見されたと、TVニュースが騒いでおりますが、これはもう日常のことになることは避けられません。少なくとも全国民がワクチンを接種するまでもう1年間は必要だという意見が正しいとすると、厳しい行動制限に加えて、私達は重症化患者を見分ける診断薬と治療薬の発掘に努めないと、今大坂が直面している医療崩壊が全国に飛び火する医療カオスを経験することになります。

米国国立衛生試験場(NIH)が、今力を入れているは治療薬の開発です。今週、ひょっとしたら新型コロナの変異株に対抗する最終兵器になるかも知れない、新型コロナウイルスに対する完全ヒト型ポリクローン抗体の治験を始めました。「どうも懐かしい」感じがしたので、調べてみたらこの革新技術の源泉は日本にありました。幻のmRNAワクチンの頓挫に加えて、ここでも我が国は技術革新の種を育て得なかった。まったく地団太を踏む思いです。この30年間我が国が国際競争力を失い続けた理由をここに見ます。優れた未来の技術シーズやそれを推進し私達の未来を生むイノベーターを、何故私達は踏みつけにしてしまったのか?子供たちの未来のために、日本は今変わらなくてはなりません。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
ATP1000のモンテカルロオープンでとうとうギリシャのチチパス選手が優勝しました。NEXT BIG3の一人と言われながら、グランドスラムの下に相当する格の高いATP1000での優勝はこれが初めてでした。ロシアのルブレフ選手のボールがラインアウトして試合をものにした瞬間のチチパス選手の嬉しそうな表情は格別でした。勝者がテレビカメラのレンズにサインするお決まりの儀式で「モンテカルロから全てが始まる」と力強く書いたチチパスの気持ちは、今年、グランドスラムを取りに行くという宣言です。大いに期待しています。錦織選手もATP500、バルセロナ・オープンで初戦を突破しました。ちょっと危なかったですが、これから試合勘を取り戻せば、十分期待できる願っています。

米国食品医薬品局(FDA)は2021年1月29日、米Biogen社とエーザイ社にアルツハイマー病治療薬Aducanumabの審査期間を3か月延長し、認可するかどうかを2021年6月7日までに下すことを通告しました。今から50日以内に、抗アミロイドβ(Aβ)抗体のアルツハイマー病治療薬が誕生するかどうかが決まります(再延長されるかもしれませんが)。今まで少なくとも多数の製薬企業とバイオベンチャーが開発を断念してきたAβ仮説に基づく治療薬が世に出るか? 関係者は固唾を呑んで見守っています。2021年4月17日にSan Franciscoで開催された米国神経学会第73回年会で、FDAの要求に応じた歴史的大規模追加臨床治験「EMBARK」のプロトコールがポスター発表されました。実はAducanumabの認可申請に使用されているデータ(P3治験)はまだ査読科学論文として公表されておらず、今回の発表は認可の帰趨を占う重要データになると考えて、ご紹介いたします。しかし、この試験は2021年3月9日から着手、少なくとも2年以上の観察期間が設定されており、到底今年の6月7日まで間に合いません。可能性としてはFDAが強引に条件付き認可、EMBARK試験の結果が出て本認可を検討する挙に出るかもしれません。しかし、医学会から反対の声も出ております。非常に微妙な状況が続いているのです。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
松山選手のゴルフ・マスターズ優勝の余韻は我が国を揺るがせています。
しかし、1年間しか優勝者の証であるグリーン・ジャケットは着用することができず、返還すると伺い、ちょっとびっくりしています。こうなれば、松山選手には連続優勝に是非とも挑戦していただきたいと願っています。3回優勝すれば、グリーン・ジャケットは交渉次第では確保し、我が国の松山選手のホームコースに飾れるのではないでしょうか?大きな挑戦です。

新型コロナ・パンデミックの第4波で大阪など関西圏は医療崩壊に瀕しています。東京も感染者が1000人に迫っており、ゴールデン・ウィーク前には冗談ではなく、緊急事態宣言を真剣に検討せざるを得ない事態です。かつてスペイン風邪の流行の時は3年間流行が収まりませんでした。mRNAワクチンのおかげで先進諸国は来年には流行を抑制できる可能性がありますが、ウイルスの変異速度次第です。暫くは憂鬱な状況が続きます。しかし、被害にあわれた方には気に障る表現になって誠に申し訳ありませんが、新型コロナ・パンデミックは悪いことだけではありません。mRNAワクチンという技術革新を実現しただけでなく、今ヒトの免疫のメカニズムの理解とそれにたいする新しい治療薬・ワクチンの開発が急速にドライブされているためです。今週、米国国立衛生研究所(NIH)はそれを象徴する新薬の治験に着手しました。ポスト・コロナの時代には、次世代の癌免疫療法、敗血症なども含めた感染症の治療薬、ワクチン、そして多分、アナフィラキシーや自己免疫疾患などの新薬開発が進むはずです。逆にこの災いを福となす努力こそが、私達の未来を明るくするのです。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
今週は盛りだくさんで仕事する暇を見つけるのが、皆さん大変ではなかったでしょうか?まず、サッカーです。なでしこジャパンが美しい新国立競技場初の試合を行いました。オリンピックを想定した国際親善試合で、7:0でパナマ代表を下し、勢いを付けました。しかし、テスト・マッチとは言え、もう少し歯ごたえのあるチームを招聘できなかったのか?ちょっと疑問です。また、リーガ・エスパニョーラでは伝統の一戦、クラシコで試合巧者のレアル・マドリードが2:1でバルセロナを下しました。明らかに監督の采配の差が出た試合でした。アトレチコ・マドリードはベティスと1:1の引き分けに終わり、勝ち点差1点差ずつで、レアル、バルサに突き上げられる状況になりました。そして、スアレス選手、デンベレ選手、Jフェリックス選手の主力3フォワードが怪我で試合に出れないという絶対絶命のピンチに曝されています。今期は楽勝かと思われたアトレチコは風前の灯です。そして、最後はゴルフのマスターズの栄冠を手に入れた松山選手です。テレビの解説者(中島選手)が感涙にむせび泣く、空前絶後の放送でした。この放送で日本のゴルフ関係者の心の底からの歓喜を感得しました。池江璃花子選手ではありませんが「努力はいつか報われる」。ゴルフは不得意ですが、関係各位の努力に敬意を表したいと思います。おめでとうございます。

英国が既に全国民の半分、そして米国は5月中に全国民に新型コロナワクチンの接種を完了する見込みです。これに比較して、我が国はまだ対象者(16歳以上の国民)の1%にしか接種が進んでいません。国民は新型コロナワクチンの接種を心から待望しています。そして常に頭に浮かぶのは、何故、新薬創製能力のある世界10数か国の一角を占める我が国で何故、国産新型コロナワクチンを開発・供給できないのだろうか?という疑問です。

日経ビジネス2021年3月30日オンライン版で塩野義製薬の手代木功社長(日本製薬工業協会会長)が、その理由を「欧米で接種が始まっているメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンにしても、ウイルスベクターワクチンにしても、日本にそうしたプロジェクトをやるベンチャーや製薬会社がなかったのは、産官学でそうした基盤を育ててこなかったからです。その点については、欧米に学ぶところは多いと思います」と解析しています。しかし、残念ながらこの発言には誤解が一か所だけあります。我が国には、5年前には世界最高水準のmRNAワクチン「モックアップ・ワクチン」プロジェクトが存在していたのです。今回のメールでは何故、このプロジェクトが米Pfizer社・独BioNTech社の「コミナティ」(トジメラン)や米Moderna社のmRNA-1273(2021年3月に我が国でも武田薬品が販売申請)に代わって、我が国の国民に安寧を与えることができなかったか?その理由を探ります。米Pfizer社のコミナティの2021年の全世界市場売り上げは2480億ドル(27兆1600億円、1ドル=109.5円)と推定されています。みすみす我が国の製薬企業はウルトラ・ブロックバスターを取り逃がしてしまったのです。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
世界的な新型コロナ流行の第4波を見ると、ワクチンが間に合いそうにない我が国で東京オリンピックを開催するにしても、サッカーと水泳だけで良いのではないかと真面目に思っています。池江璃花子選手の二枚目のオリンピックの切符を争うオリンピック予選会をかけた全日本水泳選手権が後1時間で始まります。皆さんのところにメールが届いたころには結果が出ているはずです。しかし、応援するのもご迷惑をかけるのではと、罪悪感を持ってしまいます。彼女にはただただ、自分自身の楽しみのためだけに泳いで欲しい。生きているだけで、停滞する日本に喝を入れる本当に不思議な力をお持ちです。下記の動画は必見です。まだ、見ていない方もまた見た方も是非、またご覧願います。
https://www.youtube.com/watch?v=Gihhz7AMghc

新型コロナウイルスの流行第4波に対して、東京など首都圏にもまん延防止等重点措置の発令が準備され始めました。これに対抗するには、行動自粛と早期のワクチン接種しかありませんが、暫くは行政のもたもたでイライラしそうです。それもこれも国産ワクチンの開発が遅れているためです。現在その取材を進めております。来週、国産ワクチンの謎を解明したいと思っております。が今回は、協和キリンの次のブロックバスター候補のニュースが飛び込んできたので、それを解析したいと思います。抗体医薬やADC(抗体薬剤複合体)による細胞手術という新しい治療概念がが、今や定着したのです。特定の細胞を補う再生医療と両輪となって医療に革命をもたらすと確信しています。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?

取材対象の名前とファージ・ライブラリーの数(40万個⇒400億個)を修正いたしましたので、改めてアップいたします。お手数ですがご一読願います。

この動画を見ると、涙がぽろぽろ零れます。
https://www.youtube.com/watch?v=Gihhz7AMghc
でも、この涙は同情や哀れみ、悲しみの涙ではありません。まして、薄っぺらな賞賛や安堵の涙でもありません。何回も見て、何回も涙が零れて、体得したのは、この涙は池江璃花子選手の生命力に、私の命が共鳴して、身体の底から湧き上がってくる喜悦の涙だということでした。生きていることこそが尊い、という感動です。
白血病に倒れ、抗がん剤治療と多分骨髄移植で寛解した後も、体重が15kgも減り、東京オリンピックを諦め、次のパリ・オリンピックを目標に、零からもう一度こつこつと努力を続けてきた池江璃花子選手の労苦が4年早く稔ったことは、皆さんもご存知の通りです。この動画の素晴らしさは、苦しいリハビリやトレーニングは、他人の期待に応えるためではなく「自分は水泳が好きだから」と宣言していることです。余計な第三者や協会などの期待に忖度せず、池江璃花子選手がこれからもセンター・レーンで、好きな泳ぎをただただ堪能するだけを願っています。最後にこの動画をスポンサーした米Procter & Gamble社の懐の深さに感謝します。SKⅡというブランド名を遠慮がちに示しただけという姿勢に、賢さと愛を感じました。

日経BP社の突然の休刊の判断を受けて、バタバタとサイトを構築、皆さんになんとか継続してコラムを提供して参りました。その新Mmの憂鬱も今回で50回目のコラムとなりました。バイオや先端医療のキーマンやリーディング企業の皆さんのご購読をいただき、順調に成長しつつあります。まずは皆さんに、心からの御礼を申し上げます。そのお礼という訳ではありませんが、巻末のスポーツ解説では、池江璃花子選手の東京オリンピック代表選出までの道のりを美しく描いた動画のリンクを示してありますので、是非、ご覧願います。

さて、バイオです。我が国の製薬企業はDx(デジタルコンバージョン)に熱に浮かされたように取り組んだり、宣伝したりしておりますが、その内容は流通・生産・販促のデジタル化に留まっています。製薬企業の心臓である新薬創製にAI(人工知能)を活用した成功例は、昨年1月に大日本住友製薬が英Exscientia社と共同で、ヒット化合物から治験(FIM)までわずか12か月で実現したことしか知りませんでした。しかし、とうとう中外製薬の研究チームがAI(機械学習)を応用、国産の高親和性の抗体創薬に成功いたしました。取材して気が付きましたが、AI創薬の勝者は先行して抗体などの新しいモダリティの経験とデータを蓄積した企業です。AIで新薬開発の遅れを取り戻そうと考えている読者がいたら、その考えは大いなる錯誤です。AIは強い企業をより強くする非情な技術でした。AIは我が国の製薬企業の再編成のエンジンとなるかも知れません。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから

皆さん、お元気ですか?
ワールドカップ・アジア予選で、サッカー日本代表がモンゴル代表を14:0で打破しました。欧州のメディアなどでは「情け容赦ない」と評したところもありましたが、手を抜かない日本、そして自身の生き残りもかかった日本代表の個々の選手の心情としてはやむを得なかったのではないでしょうか?日本代表はかつてフィリピン代表を15:0で下したこともあります。

新型コロナウイルスのパンデミックに人類が対抗する第二段階に入りました。パンデミックの問題は、変異型の出現によって流行が再び立ち上がり、診断薬やワクチン、そして治療薬(抗ウイルス剤)に対する抵抗性を示す可能性があることです。事実、世界中に感染が拡大した結果、今や武漢型ではなく、英国型、南ア型、ブラジル型、フランス・ブルターニュ型など多様な新型ウイルスの変異株が流行の主流となりつつあります。我が国でも英国型変異株が神戸でクラスターを発生するなど、全国各地に世界中から変異型ウイルスが侵入しつつあります。勿論、RNAゲノムを持つこのウイルスはRNA合成酵素によって増殖する度に複製され、変異を生んでいきます。日本でも変異型は発生するのです。今や変異型の出現と人類はそれに対抗する診断薬、ワクチン、治療薬の開発スピードで競う第二段階に入ったのです。昨日、米Moderna社が南ア型ワクチンの治験を米国で始めたというニュースが飛び込んできました。日本ではタカラバイオが変異型を検出するPCR検査薬を発売しました。第二段階の感染を制圧するためには、技術開発に加えて許認可の規制緩和(時間短縮)も必要です。Moderna社がどんな治験を行うのか、是非情報を共有いたしましょう。日本の国運を懸けた新型コロナのmRNAワクチンの治験も先月始まったところです。

ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。

会員登録はこちらから